動態管理は移動中の居場所の確認管理

動態管理は移動中の人や車両の居場所の確認するための管理となります。この管理をするためにはスマホのアプリを利用して実行されることになります。スマホを移動中の人やクルマに搭載することで、内蔵されているアプリがGPSとしての役割を果たし、位置を検知して管理者に今はどこにいるかを教えることになります。管理者はそれを把握したうえで、移動中の人や車両に対して最短時間や最短距離で移動できるように適正な指示を与えるなどします。これの主な導入目的は運送業の運営コストを効率化するためにあります。しかしこの管理システムはトラックなどの配送業のためだけにありません。他ではタクシーや病院や介護関連の移動車、産業廃棄物の運送車、警備員など多岐にわたっています。またこの管理システムでは過去の移動軌跡なども記録されたりなどします。そのため移動中の運転手にしてみれば、ある意味でリアルタイムで監視されてることになります。

動態管理はどういうものなのか知る

動態管理はどういうものなのか、詳しく知っている人はそんなにいないでしょう。電車やバスを日常的に利用している、という人も多いです。その電車やバスなどの公共交通機関が定時通りに運行されているのかどうか、チェックをするのが動態管理です。鉄道会社やバス会社だけが分かっていればよい、把握をしていればよいというのではなく、利用者も知っておいたほうがよい場合もあります。今はアプリなどでもチェックをすることが出来るようになっています。専門のウェブサイトもあり、リアルタイムで動態管理を行うことが出来るようにもなっているので、気になるのであれば利用をしてみるのもよいでしょう。時間通りに運行されることは当たり前だと考えている人も多いようですが、トラブルが生じて遅れてしまうこともあるので、チェックをしておくと安心できます。

動態管理を導入して業務内容の見直しを

運送業には、移動のコストがどうしてもかかってしまいます。宅配便であると、届けた先に家主がいなかったり、伺った後で、もう一度足を運ばなくてはいけなくなります。また、その時には、別のお届け先で遠い位置にいたら、移動のコストは羽上がります。しかし、動態管理を導入していれば、もう一度お届け先へ戻る途中に、配れる宅配便があれば、道すがらに配達をしながら戻ることができ、コストを軽減することができます。動態管理によって、ドライバーの位置を正確に把握することができ、きちんと仕事をしているかを把握することができます。ドライバー自身の気持ちも切り替わり、業務内容の日誌をつける手間も省くことができます。また、タクシーなどの業務であれば、客の一番近くにいるタクシーを向かわせることができ、客を以前よりも待たせることがなくなります。