動態管理システムを導入するメリット

動態管理は、主に車両を扱っている会社が導入しています。具体的には、バス会社や運輸会社、タクシー会社といった所で導入されています。このシステムは、車両交通機関や配送トラックなどに使われている位置をGPSで把握できるものであります。このシステムを導入することによって、様々なメリットがあります。主なメリットは、会社の業務を効率化することができることです。会社としては業務の効率化を進めることができれば、無駄なコストを減らすことができます。バスやトラック、タクシーなどの車両交通機関の動きをチェックしていくことで、どのように動いて進んでいるのか、どのコースを使って回っているのか等、リアルタイムに把握することが可能となります。それによって今まで中々見えてこなかった部分が見えてくるようになり、効率が悪かった部分を修正してより効率的の良い方へとシフトしていくことで、業務が効率となりその結果コストを減らすことが可能となります。

バスの動態管理を確認する方法はあるか

バスは交通の状況によって、時刻表通りに運行されないことがあります。早く来てしまったり、遅くなってしまうこともあります。バスの動態管理をチェックしたいという場合、最近ではアプリで確認をすることが出来るようになっています。利用をすることによって、現在どこを走行しているのか、あとどれくらいで目的のバス停に到着するのかということも分かるようになっているので、とても便利です。事前にチェックをしておくことによって、バスの時間まで迫っているので急がなければいけないということもなくなってきています。電車とは違い、その時々の状況に応じて、時間の変更が起きてしまうのがバスです。動態管理をしっかり行っていたとしても、天候によって道路状況は異なってしまうので、事前に運行に関する情報をチェックすることができれば何かと便利です。

これからの動態管理はスマートフォンで

物流などで、トラック、若しくはそれに載せた荷物が予定通りに到着するか、ドライバーが無理な運転状況にないかなどを状況を管理することを運行管理といいます。この運行管理をするとき、車両やドライバーの位置情報などの状況を記録・管理することを動態管理といいます。従来はトラックなどの車両にGPSを搭載し、車両の位置情報をもとに管理する手法が主流でしたが、近年のスマートフォンなどの携帯電話にGPS機能が標準的に装備されたことでこれを利用したシステムに変わりつつあります。従来のシステムは車両に別途GPSと現在の位置情報を発信する装置が必要であり、更にこれをオフィスで受信するシステムが必要でしたが、ドライバーが持つ携帯電話のGPS機能を使うことで、非常に安価に構成できるシステムが登場しました。これから動態管理を導入または更新時には是非検討してみて下さい。