動態管理にというものに関すること

初めまして。突然ではありますが、この言葉はご存知ですか。「動態管理」と急に聞かれても、わからない方が多いのではと考えたので、これからわかりやすく言っていきます。これは、車両や現場担当者などの位置情報と状態をステータスと言うのですが、これを記録や管理することを動態管理と言います。 運行管理の高度化をはじめ配送や作業スケジュールの効率化などに役立てることが可能になっています。 以前までは、専用の車載端末などが用いられていましたが、スマートフォンやタブレットの普及により、より安い値段でシステムを導入することが可能となっています。特に最近ではアプリでもできるようになり、とても簡単にすることが出来るようになりました。有料ではなく無料で出来るアプリもあるため、本当に誰でもすることが可能です。短くまとめましたが、困っている方がいましたら参考にしていただけると嬉しいです。

動態管理で安全な運行を実現する方法

車両の安全な運行を実現するためには、様々な対策を行っていく必要があります。対策の中でも効果が高くなっているのが、動態管理となります。動態管理では、高性能カーナビやGPSなどを駆使して、運行状況のデータを自動送信して解析します。精度の高いデータによって位置情報などを正確に判断できるようになるため、運行管理を非常に行いやすい環境を得られます。また、運行状況のデータは、パソコン上で分析できるようになっており、複数の車両のデータを一括して取り扱うことも可能です。そのため、複数の車両を運用している場合であっても、適切な指示や監督を行っていけます。さらに、運行状況のデータは、現場の車両間で共有することができるので、車両の連携を確保して安全な運行を実現できます。このように、車両の安全な運行を実現したい場合には、動態管理が役立ちます。

企業に多く取り入れられている動態管理

動態管理とは、車両や現場担当者などの位置情報と状態(ステータス)を記録・管理することです。運行管理の高度化をはじめ配送や作業スケジュールの効率化などに役立てることが可能です。 従来は専用の車載端末などが用いられていましたが、スマートフォン・タブレットの普及により、より安価にシステムを導入することが可能となっています。PCの配車計画では、100件もの訪問先の効率的な訪問順と、最適ルートをワンクリックで自動計算できるシステムもあるので、誰でも簡単に訪問計画を作成できます。作成した計画は作業者のスマートフォンへ送られ、訪問予定の確認やナビの開始がワンタップで行えます。スマートフォンでは、渋滞情報や空いている駐車場も確認できる、ナビタイムのコンシュマー向けカーナビアプリをベースにしたカーナビ機能が利用できます。また、作業状況の報告は、手動での変更のほか、車の移動記録から自動で更新できるのも便利な機能です。作業者の位置や、作業状況、次の訪問先とその到着時間などを地図上に表示してくれると現在から未来の予測まで確認できる渋滞情報や、航空/衛星写真も確認できます。取り入れている企業が増えています。